0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

-いつもの景色に小さな癒しを-

花の池田屋

作例紹介03

フウチソウの苔玉

これからの暑い季節に向けて涼しげな姿のフウチソウを苔玉に仕立ててみました
このフウチソウは風になびく姿が涼しそうだと思ったのでホームセンターで購入してきました。
今回は欠けてしまったホタテの貝殻に載せてみました。
苔玉全般にいえますが、直射日光があたらない明るく風通しの良い場所に置いてあげましょう。
水やりについては、小皿に常に水がある必要はなく苔には多めの霧吹き、フウチソウには2-3日に1回程度、スプーン2-3杯の水を根元にかけてあげるのを目安としてください(季節や室温、湿度などの環境で異なります)。

手順1
植え込む植物に適した用土(今回は火山れきと培養土)、ケト土、水を含ませた苔、木綿糸、ハサミなどを用意します。
フウチソウをビニールポットから抜き取ります。
苔玉にするには大きめの株だったので半分程度に切り、株分けをしました。
 
手順2
水を加えてよく練ったケト土を餃子の皮のように広げて火山れきとフウチソウ、培養土を少し乗せてケト土で包んでいきます。
  
 
手順3
フウチソウの根の周囲に空間ができないよう、火山れきと培養土を加えながら全体をケト土で包み、ある程度形状を整えます。
水やりなどのお世話に不安がある場合は、フウチソウの根元(苔玉の頂点)付近はケト土で塞がないようにすると良いでしょう。
  
 
手順4
ケト土に水をしぼった苔を軽く押し当てるようにしながら貼り付けていきます。
なるべく苔同士が重ならないよう気をつけます。
隙間ができてしまう場合は苔をちぎって詰めていって構いません。
  
 
手順5
貼り付けた苔の形を整えながら木綿糸でしっかり固定します。
糸を巻く順序に決まりはありませんが、毛糸の玉を作るようなイメージで全体に巻きます。
最後に座りが良くなるよう、底面を少し平らにして完成です。