0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

-いつもの景色に小さな癒しを-

花の池田屋

作例紹介04

アイビーの石付け

丈夫で育てやすく、葉の形状が可愛らしいアイビーを軽石に植えてみました
このアイビーは葉の形状が異なる複数の株がひとつのビニールポットに植えられているものをホームセンターで購入してきました。
苔玉全般にいえますが、直射日光があたらない明るく風通しの良い場所に置いてあげましょう。
水やりについては、2-3日に一度のペースで軽い仕事バケツに張った水に沈めるか、コップ1〜2杯程度をアイビーの根元にゆっくりとかけてあげると良いでしょう(季節や室温、湿度などの環境で異なります)。

穴あきの軽石
植木鉢の代わりに穴をくりぬいた軽石を利用します。これもホームセンターや園芸店で入手できます。
 
手順1
アイビーをビニールポットから抜き、植え込みたい株を選びます。
苔は水を張ったバケツに浸して先に水を吸わせておくことにしました。
10cm以上ある長い根は切り取ります。今回は洗剤で洗っておいた食品トレイを作業スペースにします。
星型の葉とハート型の葉をした2株を一緒に植えることにしました。
 
手順2
水を加えてよく練ったケト土をてのひらに広げ、アイビーと元のビニールポットに入っていた培養土を少し乗せてケト土で包んでいきます。
  
 
手順3
アイビーの根の周囲に隙間ができないよう培養土を入れ、軽石の穴に収まる大きさに整えます。
水やりなどのお世話に不安がある場合は、アイビーの根元付近はケト土で塞がないようにすると良いでしょう。
  
 
手順4
ケト土に水をしぼった苔を軽く押し当てるようにしながら貼り付けていきます。
下半分は軽石に埋め込むので苔は貼りません。
  
 
手順5
軽石の穴にビニールポットに入っていた土を少し入れます。
最後に軽石の穴に入れ隙間がなくなるようしっかりと押し込んで完成です。